ルイヴィトンの製品は、その中においても各モデル間で人気の差はあります。ここでは、人気の高いバッグをいくつかご紹介しておきましょう。

 

ルイヴィトン トートバッグ ネヴァーフル

20007年に登場したトートバッグで、当時はモノグラムのみでの展開でした。

どれだけ沢山入れても溢れない(Never Full)という意味で名づけられたこのバッグですが、荷物の多い女性には嬉しい仕様だった事もあり、爆発的に大流行しました。

登場当時の定価もかなり安めの設定だった事も爆発的なヒットの手助けをした可能性が高いです。

当時の定価はMMサイズで74,000円程、当時の一般的なバッグは大体10万円程の定価だった事に対し、かなりリーズナブルだったと言えます。

未だに人気の衰える事も無く、次々に新しいラインでの展開がなされ、コレクションラインのレギュラーアイテムとなっており、毎年様々な限定品のネヴァーフルが発表されており、ネヴァーフルのコレクターも存在する程となっています。

 

ルイヴィトン ハンドバッグ スピーディ

こちらも有名なバッグの一つ、ネヴァーフルよりも歴史は古く、ボストンバッグだったキーポルのダウンサイズモデルとして展開されています。

当初は小旅行用のボストンバッグとして使用されていましたが、普段使いにも適しているサイズであった事からデイリーユースのバッグとして流行しました。

多くのセレブがスピーディを使っていた中、オードリー・ヘップバーンが25cmサイズのスピーディをオーダーした事からより小さなスピーディ25が生まれ、より普段使いに適したバッグへと進化して行きます。

ネヴァーフル同様、スピーディも様々なライン展開がなされ、コレクションラインにも良く顔を出します。

スピーディはルイヴィトンの代表的なアイコンバッグですから、コレクションラインへの抜擢も頷けます。

2wayバッグやショルダーバッグの人気が高くなってきた昨今、ハンドバッグであるスピーディには苦しい時代がやって来ました。

旅行用のボストンバッグのキーポルにはストラップ付のタイプがあったのですが、スピーディには長い間ストラップが付いていませんでした。

ファンの熱い要望もあり、近年ストラップの付いた『スピーディ・バンドリエール』というモデルが展開され、またスピーディ人気に火が付き人気のバッグとなっています。

 

ルイヴィトン ハンドバッグ アルマ

アルマも古くからあるアイコンバッグの一つで、コロンとした丸いフォルムが特徴のハンドバッグです。

エレガントなフォルムのこのバッグはシャネルの創始者であるココ・シャネルによってオーダーされ、この世に生を受けました。

数度のモデルチェンジを経て1992年に皆さんもご存知の現在の形になりました。

一貫してデザインを貫いているアルマは亜ほかのアイコンバッグ同様に様々なラインでの展開がされています。

よりエレガントに持つなら『エピ』や『モノグラム・ヴェルニ』、コレクションラインの『モノグラム・ミロワール』等、ポップなイメージで持つなら『モノグラム・マルチカラー』や『モノグラム・ローズ』、ダウンサイズでショルダーにもなる『アルマBB』と、シーンを分けて同じモデルを使えるのもアイコンバッグであるからこそのラインの多さからではないでしょうか。

 

いずれのバッグも非常に人気の高いバッグとなっており、毎年発表されるコレクションラインのレギュラーといっても差支えない程ルイヴィトンにとっての『顔』となっているバッグ達です。